<< 野菜王子、いや野菜紳士 | main | ビストロっていいね!! >>
ピエール・エルメのイスパハン世界一です
わ!

なんですかその袋?すてきですね!!持ってるだけですてきですね!!
 

と、ひとりで興奮して写真撮ったわたし。




私がパリに来たかった理由No.1がココにあるのです!!


ピエール・エルメ!

日本でもマカロンやチョコレートで有名なお店。

でもパリでしか食べられないクロワッサンがあるのです。

そのクロワッサンを食べる!!というのがパリの第一目標。

しかもイスパハンという味のクロワッサンがとってもおいしいという噂で

絶対食べてみたいーーーと思っておりました。




そもそもイスパハンって何味?というのが疑問だった私。

ピエール・エルメのサイトでは

「バラとライチとフランボワーズの3つのハーモニーが圧倒的な存在感を誇る」

と書いてあります。

多くの人が読み飛ばすことを想定しながらも

イスパハンへの愛情のためにもう少し続けますと

ピエール・エルメさん、こう言ってます。

「この味覚の組み合わせは私の作品の中で最も魅力的なもののひとつです」。

エルメさん、いやもう本当に同感です。

「バラの上品な風味がライチとフレッシュなフランボワーズの

フルーティな酸味と香りをより一層引き立てて、贅沢なハーモニーを生み、

五感を強く刺激します」と書いてあります。

クロワッサンで五感を「強く」刺激されたい!!




絶対買いそびれることがないように、朝10時の開店と同時に行きました。

そして買いたかったものがすぐ目の前に山積み!


ふぎゃふー!イスパハーン、来たよー!

というわけで、購入&お持ち帰り。

おいしそうなケーキもたくさんありましたがクロワッサンだけにしました。

そのあたりはヒデサンはしっかりしてまして

たくさん買えばいいというものでもないよ、必要な分を貴重に扱う気持ちが大事

みたいな心がけがあるので

欲にまかせて突っ走る、みたいなことが少なくてすみます。

私ひとりやったらめっちゃ買ってそうやーん。

「もう二度と買えんし!ココでしか買えんし!イマデショ!!」

とかいう定番の決めゼリフとともに。




とにかく適量を買って、すぐさまエルメ近くのカフェに入る。

そして食べる。


もー言葉にならないおいしさでした。うぅぅ。

中にはフランボワーズ色のクリームが入ってます。

たぶん朝イチで焼き立て?時間たってなかったからきっとより一層のサクサク具合。

サクサクばかりではなくしっとりとバターも感じつつ

ふぅーーー(言葉にならない)

とりあえずピエール・エルメのイスパハン味のマカロンとかを食べて

気持ちを鎮めたいな・・・。

あーもう最高体験をありがとうエルメさん。

ブランド志向ではない私ですが、

ピエール・エルメは急にぐーんと好きになりました。




さ、あとはルーブル美術館でも行こうか!(←あとはもう投げやり感)


行こー!オー!


さぁこっちへおいで・・・


ミロのヴィーナス。


でもルーブルで一番気に入ったのは、

入ってすぐの所にあったコレのような気がする。


モナリザとかもちゃんと見ましたが。

ルーブルはとーーーっても広かったので

西洋美術が好きな人ならじっくり満喫してたら数日かかりそうです。

COMMENT