<< ARZAKでモリゾーに | main | 静かに満ちる >>
おべんと持ってピクニック
写真でよく見るステキな風景のひとつ、モンサンミッシェル。

せっかくなので、パリに行く前に一泊だけロマンチック気分を求めて。



さすが観光地、キレイな部屋〜


半年間、アジア・インド・アフリカの安い宿(別に嫌いではない)や、

ヨーロッパでドミトリー(2段ベッドだらけ)とかに泊まってきた私にとっては

この部屋、日本レベルでは「普通」なんだけどもめーっちゃゴージャスに見えて

記念に写真撮った。

記念に、、、ってねぇ。ちょっとウキウキしたんやと思う・・・。




荷物を置いたら、モンサンミッシェルまでお散歩!贅沢なホテルだわー。


シャトルバスでも往復できるけど、これはもうぜひとも歩きたい風景。



前を歩くファミリー 、お母さんのリュックの中に!!


パンがチラ見え!

後でモンサンミッシェルに着いてから気付いたのですが

パン持ち込みの人たちが他にもたくさんいた。

バゲットかじるグループを何組も見かけた。

「おべんと持ってピクニック」的な感覚なんだろうな〜いいね〜。




近づいてきたよ!


凛としてピッとしてるね私の右手、じゃなくてモンサンミッシェルの塔。



ちなみに中に入って行くのは無料で、一番上にある修道院に入るのは有料のようです。

中に入ると狭い道の両側に、レストランやお土産物やさんだらけ。


人も多い。さすが世界の観光地。




・・・なんだけど、これを見ると、ココは日本か?!と思いたくなる。


ご丁寧に日の丸まで・・・。

日本人いっぱい来るんだろうなーーー

なんて思うまでもなく、日本人のツアー団体に2〜3組ぐらいすれ違ったかな。

耳にイヤホンしていて、ガイドさんがしゃべる内容を聞いているようです。

ガイドさんも大きな声を張り上げなくていいし、周囲の迷惑にもならないし

イヤホンいいね〜日本語での解説かぁ〜と、何の気なしに目をやると、

しゃべっているのは見た目100%フランス人女性だった(* *)

え!日本人ガイドがしゃべっているのかと思ってた!というぐらいに流暢な日本語。

おそるべし。





坂も階段も多いので、運動になります。





上から見下ろすと、潮のひいている所をヒタヒタと歩くグループが。


途中で止まって円になってたりしたけど。

海を歩いて往復しましょうツアーだったのかどうか謎。




細い階段を見ると通ってみたくなる。





そしてモンサンミッシェルで牡蠣食べよう、

(オムレツ食べよう、という方がダントツに有名だと思うけど)

というヒデサンの声に従い、


牡蠣もムール貝もたくさん食べてワインも飲んでリゾート気分。




デザートにファーブルトンというブルターニュ地方の伝統菓子を。


こうしておいしいものを堪能して

モンサンミッシェルを去り

ホテルまでテクテク戻り

そして夕暮れの時間になったら

またお散歩に行こう。


COMMENT