<< バルセロナの市場 | main | 工事中 >>
Road to サグラダ・ファミリア
ここはバルセロナ。ガウディ建築を巡る旅をするのだ。

一番有名なサグラダ・ファミリアを筆頭に。




ダバダー 

この曲(曲というか4文字)といえば、やーっぱり

サグラダ・ファミリア、そして外尾悦郎さん。

・・・というセオリーは20代の中盤にはもう通じないよね。

スペインにある、なかなか完成しない壮大な建築物、サグラダ・ファミリア。

そしてそこで働いている彫刻家、外尾悦郎さん。



ぜひぜひ絶対行きたい場所でした。

1882年からコツコツ作り続けて早130年。

「未完」というのが逆に人の気持ちをひきつけるということもあるし、

なんといっても、外尾悦郎さんは私の高校の先輩。

ちょうど私が高校生の頃、校内で講演されたり、中庭などに彫刻作品を作られたり。

というわけで勝手な思い入れを感じつつ、行ってきました。 




バルセロナの街中から、徒歩圏内(我々にとっては)。

おいしそうなジェラートを横目に。


まれに、おいしそうを超えた色や飾りも。。。


道の向こうにAppleStore。





歩いていると、大通り沿いにあるガウディ建築で立ち止まったりできます。

カサパトリョ。


仮面が貼り付いているみたい。なんだかfunny。



こちらはカサ・ミラ。


アニメの世界の建物みたい。

中に入るための人の列ができてました。

建築を学ぶ人には、たまらん建造物だと思います。



歩くこと数十分、いかにも怪しそうな男性に声をかけられる。

「サグラダ・ファミリアはどっち?」って、

アナタそんなに迷ってる感じでもないじゃーん。

その人、確か言ってることのつじつまが合ってなかった。怪しさ満点。

「これはスリだな。」

と警戒して振り切って早々に立ち去る我々。

きっと、手に持ってる地図を落として拾わせるスキに、とか

一緒に地図見てるふりしてそのスキに、とか、そんな手口!?

道を聞かれたのに教えない・強引に振り切る、なんて本当は心が痛むけども

ココはスペイン・バルセロナ。お許しくだされ。



そして順調に我々はきっと到着間近。だってガウディベーカリーが。




そしてついに




あ!見えた!

つづく

「つづく」んかーーーい!!!
そえじぃ | 2013/12/18 20:24
そえじまさんたら的確だわ!!
Ayaka | 2013/12/18 21:17
COMMENT