<< アートなマルセイユ | main | バルセロナの市場 >>
スペインの洗礼・置き引きーーー
ヨーロッパはスリが多いよ、ってよく聞く。

デンマークで同じ部屋に泊まったスペイン人からも

「スペインはスリとか多いから気をつけて」って言われた。

でもまぁ、スリに遭うなんて、スキがあるんじゃん、私は大丈夫。

なーんて、たぶん心のどこかで思っていた。

が。甘い。甘い甘いぬるい!甘いぬるいスキあり!!

初めてのスペイン、初日の早朝、置き引きに遭いました。

・・・先に申し上げますが、未遂なので完全に笑い話です。

よかった・・・。




バルセロナのバスターミナルに着いたのは早朝。6時前かな?

ちょっと早過ぎるので、乗り換えのメトロが動き出すまで、待機。

バスターミナルのベンチで、今日から過ごすバルセロナについて予習。

地球の歩き方「ヨーロッパ」のスペインのページを熟読するわけです。

思えばそれこそ「旅慣れてません・日本人です・スキあります」の目印みたいなもん。

バックパッカー歴、6ヶ月目なのにー(笑)!!

ま、その目印をがっつり抱えながらベンチで朝の時間を過ごしていると、

現地人らしき男性が我々に向かって、困ってるような感じで話しかけてくる。

・・・現地語で。

ワーォ。スペインゴ、ワカリマセーン。

わかんないよ、わかんないよ、と身振り手振りでどうにか伝えると、去って行った。

明らかに言葉通じないアジア人に話しかけんでもいいやんねー、と2人で話しつつ

改めて読書。(ガイドブックね)




その10分後ぐらい?また、我々に話しかけてくる男性が。

・・・また現地語で。

いやだからさぁ、わからんって!通じそうにないって明らかにわかるやん!

と、半分うんざり気味で前を向くと(左横から話しかけられてきた)

私の右横に置いていたリュックが、ない。

大きいリュックじゃなくて、小さいリュック。

パソコンもiPadもクレジットカードも国際運転免許証も、

まさに大事なものだらけのリュックなんだけどー!!!!!



ない?

ないーーー!!!



と思ったら、瞬時に視界に入ったリュックの残像。

見知らぬ男が、持ち去ろうとしてる!!

私のリュックを、手に持って、出て行こうとしてる!!

あーーーーーーーーーーーー!!!

と叫んで(自分では無意識。でも声が出てたらしい。)

たぶん数年ぶりの瞬発力を発揮して、サササーッて追いかけた私。

見知らぬ男性、あっけなく私のリュックから手を放して ポト って置いて

あとは逃げてった!

リュック、奪還!!!

あっぶなーーーー!!!!!!

パソコンも入っていて意外に重かったがよかったのか、

投げ捨てられることもなかったのでパソコンも壊れず。




こんな文章で長々書いても、ピンと来ないよ!という方のために

現場です↓


・・・2人組かぁーーー。気を引く係と、持ち逃げ係。

ヒデサンは、しゃべりかけてきた男を即座に取っ捕まえて

「ポリス!!」と大きな声を出してくれましたが、周囲の人は特に反応なし。

よくある光景なのかも。

面倒なことに首を突っ込みたくない、という気持ちもあると思うし。

その男も「俺は関係ないよ〜何、何、知らないよ〜」みたいな感じだったけど

スキを見てやっぱり逃げていった。

・・・やっぱグルじゃん。




でも思い起こすと、ラッキーなことばかり。

1、置引き2人組よりも前に話しかけてきた人がいたから、

「またきたよ」と思ってすぐに前を向くことができたからすぐ気付けた。

2、走って逃げず、リュックだけポトって置いてってくれた。

3、リュックを投げ捨てられなかった。

4、ヒデサンが捕まえた男がナイフとか持っていなかった。

特に、4。安全第一。よかった・・・。

しかし、あーもう。めちゃめちゃ悔やんだ。スキがあった自分を責める。

朝から、バルセロナの印象、悪っ。

しかし、これでこの後はスリ・置引きに遭うことはないでしょう。

まさに洗礼。気が引き締まってよかった。




スリや置き引きをするのは、スペイン人より移民が多いそうです。

アフリカもすぐそこだし、移民も多いようで。

なのでスペインが悪いわけじゃない!スペイン人だって迷惑している!

と思いたい。

スキを見せる方が悪い、みたいな気持ちで臨まないといけないのは悲しいとこですが

スペインは、なかなかよいとこです。
COMMENT