<< レレレのレレ | main | おいしいパン屋・Meyers bageri >>
nomaという空間
デンマークに来た理由がここにある。






デンマークに行くからnomaに行ってみよう!なんて思っても予約はとれない。

3年連続、世界一のレストラン(今年は2位)。

nomaの予約がとれたからデンマークに行こう!と世界中から人が集まってくる。

もともとデンマークの食の向上を目標にされたプロジェクトのようなので

これはもう泣く子も黙る大成功。経済効果すごいと思われます。



ヒデサンはここで5ヶ月間の研修するはずだったのですが

noma側は「研修おいで!」って言ってるのに

デンマークという国が「だめですー」って。

つまりビザがおりなかったために研修することはありませんでしたが

実際にその場に行って、見たり、食べたり、感じたりできて、

とーーーーーーってもエキサイティングないい時間でした。



しかし世界一、ミシュラン星付き、どんな恐ろしい(笑)空間なんだろうなと。

ところが。

お店に入ると、スタッフみんな笑顔。リラックスした笑顔。

予約してあったけど別に名前も聞かれず、

「やぁ!!よく来たね〜!」みたいな自然な感じで迎えられる。

気持ちも和む。お店もナチュラル。


汚したら申し訳ないなと思わせる真っ白のテーブルクロスもない。

緊張感を与えるピシッと揃えられたナイフやフォークもない。

うやうやしく置かれたワイングラスもない。

ちょっとしたおしゃれカフェみたいなカジュアルな内装。



そして料理。怒濤の品数だった。

24種類のお皿!!それにパンが付く。

1皿ごとに、作った人がエプロン姿のまま運んできて意気揚々と説明して去って行く。

「これは○○で出来てて、○○を使って○○して、そんな感じ!enjoy!」って。

最後の「enjoy(楽しんで)!」っいうの、ほぼ毎回みんな言ってました。

基本キッチンの人だから、半分はにかみながら説明していったり。

なんだかほほえましい感じ。



24皿の、一部。

一番最初のチェリー。


中に冷たいスープで、茎ストロー。斬新。


スプーンも木だったり。


新感覚の盆栽みたい。


缶。


カパッ。2人分が鎮座。


フォトジェニックな燻製卵。


たこ焼き。


うそです、パンケーキみたいな感じです。でも、たこ焼き意識、間違いない!!



黒コゲのネギ。


どこ食べるん?と思ったら

これまた、カパッ


ネギの中に小ネギ。笑える!!



こちらの丁重なおくるみは


大事な大事な、パン。


パンが保温されてます。フェルト効果。さすが北欧〜


松に隠れているのはカリフラワー。


もちろん野菜なんだけど、

野菜を超えた旨味があってカリフラワーステーキ、のような満足感。



デザートは、、、わぁシンプル。


これで終わりかな?と思うたびに次のお皿が登場してきて、

いつ終わるのかがよくわからなかった(笑)

この芋ピューレのデザートの後にも3皿出てきました。



一皿ごとの量は非常に少ないので、さらさらっと食べ続けられる。

料理のテンポもすごく良くて、次から次へとスムーズに出てきた。

ノーストレス。



料理について詳しくない私が大きな声で言えることは

スタッフ全員が楽しんで働いていることが伝わってくる!楽しそう!

もはやディズニーランドで働いている人たちみたい!!

ということです。

サービスの人は、スマートさを保ちつつも明るく、

ちょっとコミカルな所もあるぐらいに親しみやすさがある。



食後に2階のキッチンやラボを案内してもらったのですが

キッチンで働く人たち(世界各地からの研修生も多い)も明るい。

私としては、仕事中に邪魔してごめんなさい〜

邪魔にならないように、ちょっとお邪魔しますね、ぐらいの気持ちだったけど

みんな「Hello〜」って、自然と挨拶してきてくれる。

多くのお客さんがキッチンを見学するので、みんな慣れている様子。

普通に和やかに迎えてくれる。

ピリピリしていない職場、ピリピリしていない厨房、ステキ!!



入店時から退店時まで、ずっとリラックスして過ごせました。

あれまぁ、世界一だとかのビッグネームなのに。

風格や威厳やオーラのかけらもない小さなアジア人の私にだって

みんな全然冷たくないし偉そうにしてないし、むしろ優しいー!



サービスとは こうあるべきだな と思わされました。

過剰じゃなく、自然体で。



というわけで料理ももちろん繊細なのですが、

むしろ食事を楽しむこの時間が

丸ごとエンターテインメントな空間になっていることに非常に感銘を受けました。

わざわざ行ってよかった。



熱く語ってたらやや長い文章になりまして失礼しました。

私の好きな雑誌のひとつ「ecocolo(エココロ)

いま発売中のvol.66「もてなす人々」に

nomaやrelae(ひとつ前のブログで書いたレストラン)などが載っています。

本屋さんで見つけたら是非。

COMMENT