<< 突撃と言えば風雲! | main | nomaという空間 >>
レレレのレレ
relae。レレ、と読むそうです。inコペンハーゲン。

こちらもミシュラン1つ星とのこと。ランチを食べにきました。


ランチ一番のり。なので北欧インテリアを独り占め。


カジュアル。木、あたたかみ、シンプル。

ナイフやフォークといったシルバー類は、テーブルの引き出しにセッティング。

自分で都度引き出して出す。(ちょっと面倒とも思ったけど・・・)


一番乗りの特権で、好きな席を選ぶ。

もちろんカウンターで。丸見えー。


この丸見えキッチン、正直言いましてrelaeではデメリットしか感じなかった(´Д` )

目の前でお魚を切ってる人。明らかに手際が悪い。手つきがたどたどしい。

切った魚、放置。え、乾燥しちゃう・・・。

2種類の違うお皿を仕上げるときの手順もチグハグ。

ソレは、後でアレをやるときに一緒にやったほうがいいと思うよ、と心の中で思ったり。

そんなに忙しくないランチタイムだったから、活気がないキッチン。

タラタラと働いているのが丸見え。

「わぁ〜あぁやって作るんだぁ〜おいしそう!!」とか思う状況がなかった。。。

もうね、価値観が違うんだと思う。

だから別に悪いとかいいとかじゃないけど、

私(とヒデサン)にとってはかなりモヤモヤするカウンターからの眺めでした。



そして肝心の料理。

うなるほどおいしければ、モヤモヤも解消されるよ!!

という希望は残念ながら叶いませんでした(´Д` )

パン。


かなりサワー感(酸味がある)たっぷり。これもお国柄ですかね。

ふつうのバゲットが好きですがー!!



マリネされたお魚&大根。そしてお魚の皮。


シンプルだね。。。でも特段おいしいというわけではナイ(泣)



もじゃもじゃ。


これ、中になにかが隠されてたんだけど、二人とも記憶にないの!!

印象が薄いということか。。。



そしてメインがこれ。ポーク。


うひゃー。普通。感動すべきものなのだろうか。。。



そしてシメにチャーハン。


ではなく、これ、シャーベット!チャーハンにごま塩に見えるわーーー

これが全て。我々にとってのrelaeのランチのすべて。

シンプルすぎて物足りない。いかんせん残念さばかり残ってしまいました。

ちなみにこの4皿で、ふたりで15596円払ってる。ひとり7800円ぐらい。高いよ〜

辛口コメンテーターのつもりはないんだけど

無理矢理絶賛しても不本意やし、正直に。



正直いって、こっちの方がおいしいかもねーー!!

コペンハーゲンの広場でビールとセブンの焼き鳥!


しょせん、庶民だね。。。
COMMENT