<< 肉食の都・フィレンツェ | main | フィレンツェの市場と町並み >>
ヨーロッパ一番のおいしさ直球ストレート!!
ヨーロッパ中を食べ歩いた私が(←5カ国だけのくせに誇張表現)

声を大にして「一番おいしかったー!」と言いたいお店。

Pandemonio。


パンデモニオ。フィレンツェにあります。

おいしいだけじゃなく、優しかった・・・(T_T)



カラスミのパスタがおいしい、というクチコミを見て、

行ってみたいな〜とフラ〜っと到着したのが17時半ぐらい。

18時からかなと勝手に思ってたら19時からとのこと!

あっちゃー早過ぎ。何して待ちましょ・・・と思ってたら

「お店の中で待たれます?」という優しいお言葉。

ご好意に甘えて、きれいにセッティング済みの席にそっと座る。

と!・・・「つまんでてください(^ ^)」とコチラのお皿登場!


営業前にみんなで食べてたまかないをオスソワケしてくださった。

さらに、食前酒でも・・・と、スパークリングまで(*_*)

なんだかありがたいやら申し訳ないやらラッキーなような!!

実はこちらのお店、日本人シェフの方がおられて、

その方がサービスしてくださったのです。

そのシェフの雰囲気が優しくて気さくでステキだったので

我々もついつい営業前からこのお店で時間を過ごしちゃいました。

(シェフの写真、最後に出てきまーす)



食事前から幸せな気分。

旅先でなんのツテもなく入った海外のお店で

こんなありがたい気持ちになれるとは!!



開店時間の10分前ぐらいで「用意できたのでどうぞ〜」と奥に通され

予約なしの私たちも奥の方の立派な席に。あー幸せ。

そして頼みすぎると食べきれないのでまずは2品のみオーダー。

カラスミのパスタと、手長エビのリゾット。

先にカラスミのパスタ登場。


見た目は普通に見えますが、味が最高!ふんだんにカラスミ!

それ自体に味や塩分がしっかりついてるからパスタに合う。

アンチョビみたいなものか・・いやいや、もっとさっぱり食べられる。

カラスミってお酒のアテとして有名だし

日本人が好むテイストなんだろうな〜

作り方はとてもシンプルということでしたが

シンプルさゆえの難しさ、とかを当然クリアしていて

手放しに「おいしー(^ ^)」と喜びながら食べられました。



そして手長エビのリゾット登場。


わーお、これも見た目は普通に見えるーーー、、、が!

もーーーこれも絶品。おいしさ抜群。

あまりにちゃんとおいしいので


ヒデさん、おいしさのワケを考えてたw!!

(ちなみにお客さん少なく見えますがこのあと続々と席は埋まっていきました。)

いや〜〜本当に手長エビのリゾット、おいしかった。

食べ終わりたくない一皿だった。

エビの身は見えずとも、エビエキスが濃厚で凝縮された味。

甲殻類の旨味は間違いない!裏切らない!

その間違いない旨味すら中途半端な料理もたくさんある中で

このリゾットは米までちゃんと旨味が。

お口が喜ぶ味わい!

口に入れるごとに「おーいしーー」を都度繰り返すという

なんとも面倒な人になってしまうのも許してもらいたい!



こうして2皿食べた結果、ここは何を食べても間違いない!と確信し、

ヒデさん、気になってたパスタを追加注文。

ポルチーニ茸のパスタ。


わーおいしそう。はーーーおいしかった!!

もうそれ以上に言うことはないw



そしてさらに。こちらのお店ではチーズケーキも食べるべし。

なにかの雑誌で世界一おいしいチーズケーキに選ばれたとか・・・。

「なにかの」雑誌。うーん、あいまい。謎〜。

でも何食べてもおいしいからチーズケーキもきっとおいしいはず!

はい!


うわっふぁーーーん!!どストライクなチーズケーキ!!

えーーーおいしいーーー!!と、また大興奮。

濃厚なチーズがねっとり。こっくり。みっちり。甘過ぎず。

甘いイチゴ?ベリー?ソースがうれしい!



あまりに興奮して「一緒に写真撮って!!」と、

キメ顔でチーズケーキとのツーショット。


あー食べ終わりたくなかった。(←出た食いしん坊)

食後にサービスでリモンチェッロをいただき、終了。



ここまで文章は長かったですが、

本当にどれもしっかりおいしかったです。

迷うことなく直球でおいしさを感じられるって大事。

人にオススメする時とかにも大事なポイント。

問答無用の王道のおいしさが必要な時もある。

このおいしさの裏に日本人シェフの存在が。

海外で活躍する日本人。偉大だなー。

営業時間前から、ありがとうございました。

おごちそうさまでしたーーーーー!!


いい笑顔!!
COMMENT