<< 船で寝床確保に重要なポイント | main | 脱バックパッカー >>
ヨーロッパの前置き。
今まで人生で一度もヨーロッパに行ったことがなかった私。

自分が行く、ってなって初めて認識できたこと、

それは「よく耳にする観光地はイタリアに集中している」ってこと。

ローマ・ナポリ・ヴェネツィア・フィレンツェ・ミラノ・・・。

ぜーんぶイタリア!

そんなことすら理解できてなかったー!

多くの人に「は?」って思われてそう・・



逆に他のヨーロッパの国で押さえておくべき観光地って

フランスならパリとモンサンミッシェル、

スペインならバルセロナとマドリード、ぐらい?

(ドイツやイギリス他、行ってないので言及せず)



そう思うとイタリアってすごい盛りだくさんだ!

というわけでイタリア縦断、8日間に及びました。

それでも駆け足だけど。



しかも我々の旅、来年の7月ぐらいまで続けるはずだったのが

ヒデサンが旅の終わりを見定めたために10ヶ月も短縮!

1年3ヶ月の予定が、、、半年で終了なりw



早く帰ることになった分、残されたヨーロッパの日々は

「食文化研究の旅」へと変貌を遂げることに。

ご当地グルメ、世界に名だたる高級レストラン・・・。



たくさんおいしいものを食べます。(太ります。)

たくさんお金使います。(100万超?)

しかし、未来への糧です。先行投資。



まずイタリア縦断は、、、

◆モデナでOSTERIA FRANCESCANA(世界で3位)

◆ボローニャでボロネーゼ

◆ローマでカルボナーラ

◆ナポリでピザ

◆フィレンツェでステーキ

◆ヴェネツィアでイカスミパスタ&からすみパスタ



ちなみに「世界で3位」ってどういう基準?と当然思うわけですが

「世界のベストレストラン」というランキングに拠ります。

ホームページでランキング見れますので

気になった方は検索を。

(iPadじゃリンク貼れなくて・・・)

振り返ってみると今回の旅で2位・3位・8位・44位のレストラン行きました!

身分不相応な美食ツアー・・・。

でも経験してみてわかることもあるから!



ちなみに日本にあるレストランでは

20位にNARISAWAという東京にあるフレンチレストラン

22位に龍吟というこれまた東京にある日本料理

がランクインしています。



この龍吟という日本料理のお店は六本木にあって

料理だけで23100円!

なかなか気軽に行けるものではありません。

が、ちょうど1年前の2012年9月に食べに行って 真剣においしさに感動しました。

本当においしいです。丁寧さと独創性とおいしさが比例してます。

私のような庶民には当然高いんだけども

また行きたい〜また食べたい〜〜と切に願ってます。



はい、ではなくて、目の前はヨーロッパ。

実はギリシャですでにヨーロッパ入りしてましたが。

ギリシャはヨーロッパというより半アジア感覚だったので・・・。



という必要か不要かわからない前置きをしつつ

やっとイタリア入りしまーす!
COMMENT