<< OSTERIA FRANCESCANA | main | ローマで見かけた動かない人たち >>
ローマのカルボナーラは日本と違って
ローマは観光名所も多いけど、名物料理としては 「カルボナーラ」がある。

カルボナーラの人気店「Roscioli」に行ってみることに。

ふつうのワインショップみたいな外観なので一度気付かず前を通過してた。

無事たどり着き、ボロネーゼを食べたときの失敗

(ひとりずつパスタ頼むと多過ぎる)を踏まえて

前菜にツナ、そしてカルボナーラのみ、2品だけ注文。



まずはパンが。イタリアの決まりみたいなもんで。


そう、まさにチーズのショーケースの横に席。

ちゃちゃっと手早く色んな前菜が出来上がっていくのがチラ見え。


そして注文せずともこれがきた!


チーズ。これだけでついパンをパクパク食べたくなる。

そして前菜のツナ。豪快w


カルボナーラ。


パンとチーズとツナの後のカルボナーラ、ひとつでよかったー!正解。

しかし卵はボソボソ感。麺は太くモチモチ感。

肉厚ベーコンをカリカリにしたような具は噛めばジュワッーって脂染み出まくり。

これは、日本で今まで慣れ親しんできたカルボナーラとだいぶ違うぞー!

日本のほうが繊細に作ってある感じ。

卵の分離してない感じとか、アルデンテ具合とか。

しかし、わーこれが本番かーイタリアなんだなーーといい意味で感動。



お会計後にこんなものまで!


クッキーをチョコフォンデュに。

2つしか注文してない割にはすごく楽しめたこのお店。

「すごいおいしいカルボナーラだよ!」と日本人に紹介するには

ちょっと信頼を失う可能性がー、という感想ですが

もちろん、ローマに来たならぜひぜひの一品でした。
COMMENT