<< パンシロン | main | ヨーロッパの前置き。 >>
船で寝床確保に重要なポイント
アテネからイタリアに行くには、船が一番!

一番、、、簡単で安い。たぶん。ほんと?

うーんと、陸路はたくさんの国を通過していかないといけないし

飛行機はそりゃやっぱり値段が高いだろうし。

あ、それでも確認してみるとふたりで船代、25000円ぐらい払ってますね。

しかしどっこい、実はけっこうな長旅。20時間ぐらい船に乗ってたわけです。

それだけ長けりゃそれだけ遠いし、お金も高くて当然か・・・。




ちなみにその2日前にサントリーニ島からアテネ(本島)に戻るのも船を使った我々。

「どうやら甲板に寝るらしい」「寒いらしい」「寝袋いるらしい」

そんな噂されている船だったので覚悟してたけど、まぁ快適でした。

なぜなら甲板や吹きっさらしの外ではなく、廊下で寝れたから!


やーん全然いいいい。風がしのげるだけいいですわーーー。

場所とり&譲りあったりしながら我々も


寝袋さいこー。陣地確保!という雰囲気たっぷり。



・・・という経験をふまえて臨んだイタリア行きの20時間という長時間の船旅。

こーんな大きい船。(こーんな大荷物?)


船にはプールもありバーみたいなとこもありレストランもあり、立派。


個室もたくさんあるんだけど、たぶん多くの人が安いチケット。甲板チケット。

でも実際は甲板というか、またみんな廊下や階段に寝てました。

寝袋や毛布や空気ベッド?など、快適睡眠グッズの準備がすごかった。

甲板にテント張ってる人もちらほら。みんな夜行船のプロだな・・・。




でも我々も!ボケーッとまた廊下に寝たりしないよ!

今度はカフェの席が我々の陣地!


ポイントは、コンセント。

コンセント、つまりパソコンなどの充電ができるというのが重要。

最近はみんなパソコンやタブレットを持ち歩いてるので

宿や空港など、人が長時間過ごすところではコンセント合戦が繰り広げられる。

ここでも、コンセントを求めてパソコン片手にさまよってる人を何回か見ました。

いやはやここはベスポジ。20時間もいるんだから充電なくなっちゃうもんね!!

そして特になぜ充電し続けたかったかというと、

ネットで映画レンタルして映画鑑賞しよう!と思って。

となると動画ダウンロード、相当時間かかりそうなので早々に充電確保。

いはやは(2回目)便利な世の中。

だって船の中でWi-Fiを使ってネットで映画をレンタルして見れちゃう時代。

長期旅行者ともなると、ハードディスク(データの入れ物)に

映画やらマンガやらを入れて持ち歩いてる人もけっこういるようですが

我々そういうの持ってないから映画を見たけりゃお金を出してレンタルすべし!




前の会社からもらったiTunesカード、(←ちょっとココ自慢w)

残金がまだ6000円分ぐらいあるもんね〜ふひゃひゃ。

これを使って映画をレンタルんるん。




というわけで1時間以上かかって?やっとダウンロードした映画


見たかったけど見れてなかった映画。

イタリア・ヨーロッパに向かっているという船の中にふさわしい・・・。

非常に興味深く見れました。ヒデサンはもちろん、わたしもね。


Macの左に刺さっている赤いの、

うらのさんにもらったイヤホン分岐です!覚えてる??

ふたり同時にイヤホン使える便利グッズ大活躍。

だって、後ろのおじさん、とーーーーっても声が大きくてうるさいんだもん!!

ヨーロッパ人ってこんなに声が大きいの?しかも怒ってるみたい!!

なんかモノ投げたっ でも笑ってる、相手も笑ってる、、わからーん。。。

みたいな世界が我々の目の前で繰り広げられてました。




そしてこのカフェは23時ぐらいから謎のディスコナイト。

ダンスミュージックらしきものがガンガン鳴り響く。

誰も踊ってないしー。こんな大音量みんな求めてないしーー。

・・・と冷めた目でみんな見てるね〜うん、我々も同感。

と思ってたら、小さい子どもが踊ってみたりしてとってもかわいかったり

「ディスコってどんなんやろか?」と興味本位に来てみた若者たちが

なんとなく子どもと一緒に踊ってみたりして楽しんでたり。

ディスコあなどれないなと反省w



たぶん夜中2時頃に終了してみんな就寝。おやすみなさいー。


目覚めればそこはイタリア・・・。
COMMENT